有効成分とは

顔のシミに有効な成分は予防と治療では違う

いつのまにか顔に出来るシミは、要らない物です。すでに出来てしまったシミ取りに美容効果の高い化粧品を使って取り除こうとしている場合、配合されている成分によって用途が変わってきてしまいます。シミにはビタミンCが効くということは有名ですが、それは予防や出来たばかりの薄いシミに対して有効であり、日焼けを繰り返して色濃く集まってしまった大きなシミに対しては効果はありません。ビタミンCやトラネキサム酸という止血効果のある成分が配合されているクリームはメラニン生成の予防には効果的ですが、メラニン自体を分解して散らす状態にするものはハイドロキノンをという成分が有効です。ハイドロキノンが配合された美容クリームを使用するとシミも薄く目立たなくなりますが、初めて使用する時は肌質に会うかどうか腕などでパッチテストを行ってからの方が良いでしょう。

シミ取りを美容整形で行うのと自分でお手入れと

顔に濃くできてしまったシミ取りは大変です。現在では、美容外科などではレーザー治療を行い簡単に素早くシミ取りを可能にしています。レーザーによるシミ取りパチッとする感じで除去して行きます。料金はシミの個数や大きさによって設定されています。沢山のシミ取りを行う場合は金額も大きくなります。すぐに除去したい、手入れの時間が取れないという人は利用すると良いでしょう。毎日の顔のお手入れで除去して行きたいという人はハイドロキノン配合の美容クリームを使用すると効果を感じられます。ハイドロキノン配合の物を使用する時は、配合量を顔の部分でシミの出来ていない箇所や塗布してしまうと瘢痕化する場合がありますので塗布する際には注意が必要です。