使用目的とは何か

ボトックスの利用方法の変遷について

 ボトックス注射は、もともと眼瞼痙攣や顔面麻痺などの痙攣系疾患の治療薬として用いられていました。ボトックス注射では、ボツリヌスA毒素菌から神経を麻痺させる成分だけを抽出して無毒化した薬剤が使用されています。ボツリヌス菌をそのまま注射するわけではありませんので、正しい使い方をしている限り人体に悪い影響が出る心配はありません。長い間疾患治療薬として用いられていたわけですが、使用を続けている中で、ボトックス注射を打った部位のシワの症状が軽減されることがわかりました。そのため、美容外科分野の治療でもボトックス注射が用いられるようになったというわけです。最初はアンチエイジング治療のみで使用されていましたが、現在は他の目的でも使用されるようになってきています。

どのような目的で使用されるケースが多くなっていくのか

 ボトックス注射を顔に打つと、表情筋の働きによって刻まれた深いシワを薄くすることができます。表情が豊かな人はとても魅力的ですが、顔の筋肉を頻繁に収縮させるため、無表情の人よりも早くシワができてしまう傾向が強いです。せっかく魅力的な雰囲気を持っているのに、顔にシワができてしまうと老けて見られるようになってしまいます。シワ取り注射としてはヒアルロン酸注射が有名ですが、ヒアルロン酸注射では眉間や目尻に生じた表情ジワを消すことができません。そのため、表情ジワを解消する目的でボトックス注射を利用する人が、今後さらに多くなるだろうと考えられています。ボトックス注射による治療は、ダウンタイムがほとんど不要である上に、料金もとてもリーズナブルです。メリットが多い治療方法であるため、確実に人気が高まるだろうと予想されています。